二日酔い効くジュースは?効果抜群!青梗菜(チンゲンサイ)ジュースの作り方

飲みすぎた翌日の不快感や頭痛などの二日酔いは非常に辛いものです。

そこで今日は、二日酔い対策をご紹介します!材料があれば簡単にできますので、二日酔いの日にはお試しください。

二日酔いに効く食材は?

チンゲン菜

アルコールを分解するために体内では大量の水分が奪われるため、二日酔いには水分補給がとても重要です。また、アルコールの分解を早める糖分も大事なので、果糖をたっぷり含むフルーツ類のジュースで素早く糖分補給をしましょう。

お酒を飲むと悪酔いや二日酔いになるのは、肝臓のアルコール処能力が弱いためです。二日酔いを解消するには、副じん機能を高めるビタミンCやアルコール分解を助ける果糖などの糖分が効果的です。カリウムを多く含むフルーツや野菜のジュースで老廃物を体外に素早く排出しましょう。

■ 二日酔いには青梗菜(チンゲンサイ)がおすすめ

青梗菜は、中国では古くから二日酔いの悪酔いに効くと知られています。中国での薬効は「清熱除煩(セイネツジョボン)」熱を冷まして、胸のむかつきや不安な状態の気持ちを除くという意味です。青梗菜だったら手頃にスーパーにもおいてあります。

■ 青梗菜の栄養効果は?

優秀な緑黄色野菜で、ビタミンA、カルシウム、カリウム、亜鉛、ビタミンCを含んでいます。カリウムが多いので、ナトリウムの排泄を促して、血圧を下げる働きをします。カルシウムも多く含みます。骨や歯を丈夫にし、骨粗鬆症を防いでくれます。また、青梗菜に含まれる食物繊維は、食物の消化を促進し、便秘を防いでくれます。この繊維は特に脂肪と結びついて動脈硬化を起こす悪玉コレステロールの形成を防止すると言われています。

二日酔いには青梗菜ジュース!「青梗菜ジュース」の作り方

二日酔いには青梗菜とりんごのジュース

青梗菜とりんごのジュースのレシピ

「材料 1人分」

青梗菜4枚
りんご1個
レモン半分(搾る)
蜂蜜お好みで
*天然熟成 野草酵素20cc

「作り方」

  1. 青梗菜やりんごをジューサーでジュースにします。
  2. レモンを半分搾って入れます。
  3. 蜂蜜、*野草酵素を加えます。

今回は素材の栄養をたっぷりと摂れるようにジューサーを使いました。ミキサーを使ってのスムージーは食物繊維が丸ごと摂れますが、ジューサーは繊維を取り除いた後のエキス(ジュース)になりますので、「りんご1個とキャベツ3分の1」などはぺろっと飲んでしまいます。

ミキサーを使う場合は、水分になるものを加えて、1人分だと、りんごは4分の1ぐらい、キャベツ2枚ぐらいしょうか。そんなにたくさんはスムージーにはできません。手軽さや用途に合わせて選んで頂けたらいいと思います。

いかがでしょうか。飲んだ翌朝は、青梗菜ジュースを飲んで、二日酔い予防をしましょう。体も気分もきっとスッキリします。

野草酵素・塗るグルコサミンのことなら、j-medix

大切なご家族様にすすめられる安全・安心の高品質商品を20年以上ご提供し続けています。ジェイ・メディックスの酵素ドリンク『天然熟成 野草酵素』、塗るグルコサミン『あゆみEXシリーズ』は長年お客様より高い評価をいただいております。

CTR IMG